いよいよ間近に迫ったジャパンカップに向け、次第に熱気が高まる宇都宮市。ジャパンカップクリテリウムを前日に控えた金曜日の夜19時からは、出場全選手が集うチームプレゼンテーションが開催されました。

佐藤栄一宇都宮市長の挨拶に続いて、早速チームプレゼンテーションが開幕。ここにはジャパンカップに出場する17チームと、クリテリウムスペシャルチームを合わせた全18チームの選手や監督が顔を揃え、大勢の観客の前で意気込みを語りました。全チームの中から、日本人が所属する海外チームや注目チームの舞台挨拶をピックアップしてお届けします。

宇都宮ブリッツェン
宇都宮ブリッツェン宇都宮ブリッツェン photo:Makoto.AYANO出場するどのチームよりも大きな歓声を受け、先陣を切って登壇したは宇都宮ブリッツェン。栗村修監督は「ジャパンカップ(で活躍すること)はチームの宿命として変わらない。1年の内で最も大切な戦いです。」と語り、注目選手は、との問いに鈴木真理と飯野智行の名を上げてくれました。

2009年にアジア最優秀選手賞を獲得している鈴木真理は、「まだリハビリは続けており万全な状態ではありませんが、気持ちを強くもって臨みたいですね。」とコメント。そして「調子は悪くないので、良い走りが見せられるはず。」と語ったのは飯野。地元の威信に掛けて国内最大規模のレースに臨みます。

NIPPO・デローザ
チームNIPPO・デローザチームNIPPO・デローザ photo:Makoto.AYANO圧倒的なポイントを稼いで出場を決めたNIPPO・デローザは、ゆるキャラの「ミッチーくん」を連れての登場です。ツール・ド・ランカウイ、ツール・ド・熊野総合優勝、抜群の強さを誇るアレドンド、今シーズン限りでの引退を決めた福島晋一などを揃える、名実共に国内最強チーム。大いに期待できます。

そして福島にとっては、今回が最後のジャパンカップ出場となります。「毎年引退する事を念頭に走っていましたが、皆の、特に同世代である40代のファンからの声援が嬉しくて…。とにかく燃えかすを残さないように、完全燃焼できるように頑張っていきたい。」とコメントし、ファンから熱い声援を受けていました。エースはジュリアン・アレドンド。「目標は優勝」と気合いのコメントです。

チャンピオンシステム・プロサイクリング
チャンピオンシステム・プロサイクリングチャンピオンシステム・プロサイクリング photo:Makoto.AYANOアジア唯一のプロコンチネンタルチームであるチャンピオンシステムは、やはり凱旋レースを走る西薗良太が注目の的でした。「北京は気合いが入りすぎて熱を出してしまい、リタイアに終わってしましたが、現在はしっかりと回復しているので頑張りたい。日曜日は誰でもエースなる可能性があります。」とコメント。

その他アイルランドナショナル選手権4連覇中のマット・ブラマイアーも注目選手の一人。「今日コースを回ったけれど、非常にタフかつ良いコースだ。とてもレースを楽しみにしているよ。」と語ってくれました。

ガーミン・シャープ
ガーミン・シャープガーミン・シャープ photo:Makoto.AYANOダニエル・マーティン(アイルランド)、ネイサン・ハース(オーストラリア)という2人の優勝経験者を擁するのはガーミン・シャープです。監督曰く、エースは今期好調を維持しているマーティンで、コンディションも上々だそう。本人は「去年は2位だったから、もう一度頂点に立ちたいと思っている。コースやレースもとても美しく、このレースは大好き。皆の前でもう一度表彰台のトップに立ちたいと思っているよ。」とコメントしてくれました。

ハースは「2011年に勝利したことは、キャリアの中でのハイライトだった。それをもう一度を体験したい。確かにマーティンはすごい。でも個人的には自分も良い成績を残せればいいなと思うよ。たくさんの観客の前でレースをすることを楽しみにしている。」とのことです。

ランプレ・メリダ
ランプレ・メリダランプレ・メリダ photo:Makoto.AYANOガーミン・シャープと同じく、ダミアーノ・クネゴとマヌエル・モーリ(共にイタリア)という2人の優勝経験者を揃えたランプレ・メリダも、既にジャパンカップではお馴染みの存在となりました。2人のコメントを紹介します。

クネゴ:「3勝目をあげたい。こういった素晴らしいレースで活躍することは名誉で、このジャパンカップに出場する事を常に考えて練習してきた。皆の前で素晴らしいパフォーマンスを見せる事ができれば良い。もちろんからなず勝つという確信は無いけれど、他の強豪選手に負けなうように頑張りたい。」モーリ「このレースはとても自分にとって重要だ。先日もイタリアのレースで2位に入ったりと調子は良い。」

サクソ・ティンコフ
サクソ・ティンコフサクソ・ティンコフ photo:Makoto.AYANO宮澤崇史を先頭に入場したサクソ・ティンコフは、まずフィリップ・モデュイ監督へのインタビューからスタートしました。まず同時に入場したビャルヌ・リースGMを紹介し、「当日は私が指揮をとりますが、リースには常に見張られているようです。」と笑いをとる場面も。リースGMは「こんばんは皆さん。日本に来るのは初めてのことで、本当に楽しみにしていました。こんなに多くのカメラマンが集まっていてくれて驚いた。」と初来日の感想を述べました。

注目は個人TT世界選手権3連覇など、輝かしい経歴を持つマイケル・ロジャース(オーストラリア)。過去にジャパンカップを走った経歴があり、「本当にわくわくしている。コースでトレーニングを行ったけれど、今日はファンの熱意を感じる事ができた。」と語り、宮澤は「非常に強いチームです。レースを楽しんでください。」と、短く熱意を多くのファンに届けてくれました。

スカイプロサイクリング
チームスカイチームスカイ photo:Makoto.AYANOやはり今年のツール・ド・フランスでクリス・フルームの優勝に大きく貢献したリッチー・ポルトの影響か、非常に歓声の大きかったのがスカイプロサイクリングです。「日本に来れて嬉しい。リッチーはもちろんのこと、経験のあるバーニー(アイゼル)から若手選手、日曜のプロトンの中で最強となるだろうロペスなど、幅広い選手が揃っている。」と語るのはアルヴェセン監督。

ポルトは「7月のフランスほどコンディションは良くないが、モチベーションは非常に高く持っている。コースを今日見たけれど、僕よりもロペスに向いたコースだと思う。」と語り、ロペスガルシアは「スタッフにこのレースに出たいと希望していたから、とても来日できて嬉しい。ツールドフランスでも、北京でも良いコンディションだった。日曜日もその調子のまま臨めるのではないか。」とレースにかけるモチベーションを語りました。

キャノンデール・プロサイクリング
キャノンデール・プロサイクリングキャノンデール・プロサイクリング photo:Makoto.AYANOそしてスカイに匹敵する大きな歓声を浴びていたキャノンデール。そしてその声は、凱旋レースとなる増田成幸と、昨年の覇者イヴァン・バッソ(イタリア)に特に多く向けられていた。増田は「この1年、寿命が5年くらい縮まるほどいろんな事を経験しました(笑)。明日はピーター、あさってはバッソが勝てるように頑張りたい。」とアシストとして働くであろうことをコメント。

一方バッソは「良い調子を継続して臨んでおり、チームとしてもかなり良いメンバーだ。明日・あさって共に素晴らしいレースができると思う。チーム全体が主役。チームとしてレースを組み立てていきたい。」と控えめでしたが、明らかに状態の良さを感じさせるシェイプされた体つきでした。

クリテリウムスペシャルチーム
クリテリウムスペシャルチームクリテリウムスペシャルチーム photo:Makoto.AYANOそしてジャパンカップ出場17チームのプレゼンテーションが終わり、最後に入場したのは別府史之(オリカ・グリーンエッジ)を中心としたクリテリウムスペシャルチームの面々。中野浩一監督は「昨年の1〜3位が揃っています。浅井康太・深谷知広の2名には5週目のポイント賞を狙わせる。ただ単に太ももが太いだけじゃありません!」と笑いを誘う場面もありました。

そして優勝が期待される別府史之は、「この日のために調整してきました。去年と比べて早く帰国したので時差ぼけも大丈夫です。去年よりもコンディションは良くないけれど、頑張りたいと思う。

今回は昨年優勝のマリチャと、スペシャリストであるマキュアンと走るので、去年とは違ったレースが出来るのではないかと期待しています。マキュアンはコーチング(笑)という位置づけですが、スペシャルトレインを3人で組んで、たくさん集まってくれたファンの前で良い走りができるように務めたいですね。」と気合いの充実ぶりが直に伝わってくるコメントを披露してくれました。


photo:Makoto.Ayano (cyclowired.jp)