オープン男子を制した黒枝咲哉(日出暘谷高校)オープン男子を制した黒枝咲哉(日出暘谷高校) photo:Yuichiro.Hosoda
今年は1レースで行われたオープン男子。225名が5周回、80.8kmのレースに挑んだ。最終版まで細かなアタックが頻発するものの、いずれも決定的な動きにはならなかった。最後は20人ほどの集団スプリントに持ち込まれ、一人爆発的なスプリントを披露した黒枝咲哉(日出暘谷)が勝利。昨年の兄・士揮(鹿屋体育大学)に続く、兄弟での2年連続勝利を飾った。

黒枝のコメント「逃げはいくつもありましたがスプリントに持ち込みたいと思っていたので、自分の狙い通りの展開に持ち込めました。最後は勝てる自信がありました。来年は大学生になるので世界との距離を縮められるように頑張りたいです。」

金子広美(イナーメ・信濃山形)がオープン女子を制した金子広美(イナーメ・信濃山形)がオープン女子を制した photo:Yuichiro.Hosoda
25名の出走となった女子オープンレースは、序盤から金子広美(イナーメ・信濃山形)らがペースを上げるサバイバルレースとなる。2周目途中からは金子、西加南子(ルミナリア)、合田祐美子(早稲田大学)という3名の先頭グループが形成され、最終周回の鶴CCで金子が2名を引き離しゴールへと飛び込んだ。

金子は「登りで何度もアタックを掛けたが西さんを離す事はできませんでした。最後の鶴が勝負所だと思って、全力で踏みました。ロードレースでの勝利は覚えていないぐらい久しぶり。とても嬉しいです。」と喜びを語った。

詳しいレースレポートは追って掲載します。


ジャパンカップオープン男子
1位 黒枝咲哉(日出暘谷高校)
2位 米内蒼馬(Team UKYO)
3位 山本隼(中央大学)
4位 金子大介(ボンシャンス飯田)
5位 水野恭兵(Pinazou Test Team)
6位 酒向俊平(法政大学)
7位 岡篤志(キャノンデール・プロサイクリング)
8位 豊田勝徳(チーム・アヴェル)
9位 加賀雄大
10位 ジュリアン・メゴー(プジョー・ニールプライド・ラカッセ・プロ)

ジャパンカップオープン女子
1位 金子広美(イナーメ・信濃山形)
2位 西加南子(ルミナリア)
3位 合田祐美子(早稲田大学)
4位 米田和美(Ready Go JAPAN)
5位 智野真央(MUUR Zero Velofutur)


text:So.Isobe
photo:Yuichiro.Hosoda