宇都宮市の中心商店街・オリオン通りの下野新聞NEWS CAFÉに10月1日、恒例のジャパンカップミュージアムがオープンしました。

外観を装飾し、通行者の方も外から過去の大会の写真を見ることができるようになっています。館内1階には昨年の大会の写真をはじめ、過去の大会の写真や出場チームのジャージ、これまでにジャパンカップを沸かせた英雄ファビアン・カンチェラーラ、アルベルト・コンタドールのサイン入り特大写真を展示しています。

10月1日にオープンしたジャパンカップミュージアム10月1日にオープンしたジャパンカップミュージアム
今年は、赤をテーマにしたドリンク・フードのスペシャルメニューもご用意しています。赤い手作りフランクを使用したホットドッグ「ホットニュースドッグ」、野菜たっぷりの真っ赤なこだわりスープ「ミネストローネ」、ドリンクでは焼酎、ビールをトマトジュースで割った「レッドハイ」「レッドアイ」が登場し、ソフトドリンクもそろっています。また、サイクルマンガも自由に読むことができ、オフィシャルグッズも販売中。開店と同時にファンが来店し、早速購入していました。10月3日からは、RICOHの音波通信技術を使ったミニロボットが登場し、ジャパンカップを紹介します。

昨年の大会に出場したワールドチーム4チームのサイン入りジャージが飾られた階段を上がった2階では、2015~2017年の大会の新聞記事を拡大したパネルで大会を振り返ることができるほか、特大のロードコースマップで観戦ポイントなどがチェックできます。

ジャパンカップミュージアム1階では、過去の大会の写真や出場チームのジャージの展示、オフィシャルグッズの販売をしているジャパンカップミュージアム1階では、過去の大会の写真や出場チームのジャージの展示、オフィシャルグッズの販売をしている
2015~2017年の大会を振り返る新聞記事の展示2015~2017年の大会を振り返る新聞記事の展示
スペシャルメニュー「レッドハイ」スペシャルメニュー「レッドハイ」

ジャパンカップミュージアムの開館時間は午前11時~午後7時(金、土曜、10月7日は午後9時)。水曜定休。

皆さまのご来店をお待ちしております。