2018ジャパンカップサイクルロードレースは、明日10月19日(金)オリオンスクエアで開催されるチームプレゼンテーションで開幕します! 出場全チームの選手が集い、大会の幕開けを彩ります。

ジャパンカップのビッグバナーが連なるオリオン通りジャパンカップのビッグバナーが連なるオリオン通り photo: Yuichiro Hosoda
静かに開幕を待つジャパンカップミュージアム静かに開幕を待つジャパンカップミュージアム photo: Yuichiro Hosoda着々と準備が進められるオリオンスクエア着々と準備が進められるオリオンスクエア photo: Yuichiro Hosoda

昨年クリテリウム、ロードレースの両レースを制したマルコ・カノラ選手(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)をはじめ、海外勢は2人のパリ〜ルーベ覇者、ジョン・デゲンコルプ選手(トレック・セガフレード)とマシュー・ヘイマン選手(ミッチェルトン・スコット)が参戦。さらにはヘイマン選手と並び引退を表明しているサイモン・ゲランス選手(BMCレーシング)など、強力なメンバーが集います。

対する日本人選手は、ジャパンカップクリテリウムを2勝している別府史之選手(トレック・セガフレード)、昨年ロードで3位表彰台を獲得した雨澤毅明選手(宇都宮ブリッツェン)、U23世代ながら頭角を現してきた石上優大選手(ジャパン・ナショナル・チーム)等々、こちらも幅広い年齢層の個性的な顔ぶれが揃いました。

全参加チームの選手達が会するチームプレゼンテーション全参加チームの選手達が会するチームプレゼンテーション photo:Makoto.AYANO選手達が宇都宮大通りを高速で駆けるジャパンカップクリテリウム選手達が宇都宮大通りを高速で駆けるジャパンカップクリテリウム photo:Makoto.AYANO

20日(土)には、「輪都・宇都宮」の中心部である大通りを舞台に「ジャパンカップクリテリウム」を開催。同日、宇都宮市森林公園ではオープンレース等の一般参加レースを行います。

そして、21日(日)には、宇都宮市森林公園にて27回目となる「ジャパンカップサイクルロードレース」が開催されます。今大会は、昨年の14チーム69人から全21チーム126人へと出場選手が大幅に増えたことで、これまでの大会とは全く異なるレース展開になることが予想されます。まさに“世界が集結”する“本物のロードレース”をぜひご堪能ください。

クリテ、ロードを制し、大会初の土日連覇を達成したマルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)クリテ、ロードを制し、大会初の土日連覇を達成したマルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ) photo:Makoto.AYANO昨年ロード3位の雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)ら日本勢の活躍にも期待がかかる昨年ロード3位の雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)ら日本勢の活躍にも期待がかかる photo:Makoto.AYANO

また、今大会はより多くの方にご観戦いただけますよう、LIVE配信を含む多くの媒体で大会の様子を中継していきます。そちらもあわせてぜひご覧ください。

多くの皆さまが宇都宮にご来場いただけることを、心よりお待ちしております。