各メディアでも既報の通り、UCI(国際自転車競技連合)の12月18日付けプレスリリースにより、ジャパンカップ期間中に採取されたマイケル・ロジャース選手(オーストラリア、サクソ・ティンコフ)の尿サンプルからクレンブテロールの陽性反応が検出された旨が発表されました。

検査を行ったのは東京にあるWADA(世界アンチドーピング機構)の認証研究機関で、ロジャース選手がジャパンカップに勝利した10月20日(日)、レース後に行なわれたドーピング検査で採取された尿サンプルから禁止薬物クレンブテロールの「違反が疑われる分析結果(AAF)」が出た、としています。

ロジャース選手はアンチドーピング規約に則り、現在暫定的な出場停止状態に置かれています。
また、陽性反応が検出されたのはAサンプルで、今後、ロジャース選手はBサンプルの再検査を要請する権利を有しています。

ジャパンカップの順位については、処分が確定した場合は繰り上げとし、改めて正式順位を掲載いたします。