ジャパンカップレジェンド第9回は、新城幸也選手(ランプレ・メリダ)の登場です。昨2015年大会は日本ナショナルチームで参戦して3位となり、表彰台に立ちました。今年はもちろん優勝を狙って走ります。

「走りづくめで迎えるジャパンカップ。今年は念願のポディウムの中央へ」

新城 幸也(あらしろ ゆきや)
日本/2015年 第24回ジャパンカップ3位

昨年のジャパンカップで3位表彰台を獲得、今季ランプレ・メリダに移籍し、大腿骨骨折からの復活を遂げ活躍中の新城幸也選手昨年のジャパンカップで3位表彰台を獲得、今季ランプレ・メリダに移籍し、大腿骨骨折からの復活を遂げ活躍中の新城幸也選手 photo:Makoto.AYANO
ジャパンカップ25周年、おめでとうございます。僕のジャパンカップの思い出といえば、思い返せば初めて出場したのは確か2003年のアマチュアレースなんですよね。当時エスポワール(U23)で走っていて、そのレースはアンカーエスポワールのチームメイトだった清水裕輔さん(現・宇都宮ブリッツェン監督)が優勝しました。僕は1周目の下りで落車してしまったのですが、諦めずに最後まで走りきりました。それが僕の初めてのジャパンカップでした。

プロになって昨年やっと、初めてポディウムに登ることが出来ました。ナショナルチームでの参戦でしたが、今年はチームでの参戦です。たぶんエースを任せられることでしょう。

僕は記念大会が得意なんです。ツール・ド・おきなわの20周年記念大会(2008年)も優勝しているし、記念大会が好きで、相性がいいんです(笑)。ジャパンカップは記念すべき25周年。昨年の成績を上回れるように頑張りたいですね。ということは、2位か優勝です(笑)。鶴カントリーの上りが省かれた周回のほうが自分に合っていて好きなので、今年もポジション良く走りたいですね。

2015ジャパンカップでは日本ナショナルチームのエースとして走った新城幸也2015ジャパンカップでは日本ナショナルチームのエースとして走った新城幸也 photo:Makoto.AYANO最終周回でモレマ、ウリッシ、エナオゴメスとともに抜け出した新城幸也(日本ナショナルチーム)最終周回でモレマ、ウリッシ、エナオゴメスとともに抜け出した新城幸也(日本ナショナルチーム) photo:Makoto.AYANO

2015ジャパンカップで3位表彰台を獲得した新城幸也(日本ナショナルチーム)2015ジャパンカップで3位表彰台を獲得した新城幸也(日本ナショナルチーム) photo:Makoto.AYANO
今年は2月のツアー・オブ・カタールでの大腿骨骨折からシーズンインが遅れて前半を棒に振りましたが、ステージ優勝できたツアー・オブ・ジャパン以来、ツール・ド・フランス、リオ五輪ロード、ブエルタ・ア・エスパーニャ、イル・ロンバルディア、そして世界選手権ロードを走ってからのジャパンカップ参戦になります。まさに走りづくめで宇都宮に帰ることになりますね。想像するだけで、走りすぎというシーズンです(笑)。

ランプレ・メリダのジャパンカップのメンバーに僕が選ばれないということはあり得ないので、疲れていても、コンディションがどんなに悪くても、絶対に走ることになるでしょう。シーズン後半まで全開で走り続け、ジャパンカップの舞台に立ちます。今年こそポディウムの真ん中に立つことができるように、皆さんの声援を送ってください。