宇都宮の熱狂まで1ヶ月。東京都内でジャパンカップ2018記者発表が開催され、出場選手などの概要が発表された、若手からベテラン選手まで豪華なラインアップが出揃った。今年は例年より多い21の出場チームが日曜の本戦を走る。

今年は森をイメージしたスバルショールームに設置されたプレゼンテーション会場今年は森をイメージしたスバルショールームに設置されたプレゼンテーション会場
2018年10月19日(金)から21日(日)の3日間で開催されるジャパンカップサイクルロードレースまで1ヶ月。東京・恵比寿のSUBARU STAR SQUAREで記者発表会が行われ、その概要や出場選手が発表された。大会実行委員長を務める佐藤栄一宇都宮市長、日本自転車競技連盟副会長の大島研一氏、宇都宮ブリッツェンGMの廣瀬佳正氏、ツアー・オブ・ジャパンイベントディレクターの栗村修さんが出席した。

佐藤栄一宇都宮市長・大会実行委員会会長が挨拶佐藤栄一宇都宮市長・大会実行委員会会長が挨拶 日本自転車競技連盟顧問の大島研一氏より挨拶日本自転車競技連盟顧問の大島研一氏より挨拶


出場チームのバイクとジャージがディスプレイされた出場チームのバイクとジャージがディスプレイされた MCアリーさんの進行のもと栗村修さん、廣瀬佳正さんが出場チームを発表MCアリーさんの進行のもと栗村修さん、廣瀬佳正さんが出場チームを発表


会場のSUBARU STAR SQUARE前にはスバル車のチームカーが並んだ会場のSUBARU STAR SQUARE前にはスバル車のチームカーが並んだ photo:Makoto AYANO宇都宮市森林公園における環境保全活動に対し寄付をしたSUBARUから目録の授与が、宇都宮市から感謝状が贈られた宇都宮市森林公園における環境保全活動に対し寄付をしたSUBARUから目録の授与が、宇都宮市から感謝状が贈られた photo:Makoto AYANO


事前の発表通り、今年の参加チームは全21チーム。土曜日に開催されるクリテリウムには例年通りスペシャルチームが組まれ、合計22チームが宇都宮の熱狂の中を駆け抜ける。

ベネット、デゲンコルプ、ポッツァート、ラヴニール覇者ポガチャルら強豪選手たちの参戦が決定

海外チームはUCIワールドチームが5(BMCレーシング、ミッチェルトン・スコット、EFエデュケーションファースト・ドラパック、ロットNLユンボ、トレック・セガフレード)。UCIプロコンチネンタルチームは3(NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニとノボ ノルディスク、ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア)。UCIコンチネンタルチームは4(オーストラリアンサイクリングアカデミー・ライドサンシャインコースト、リュブリャナ・グスト、タイランドコンチネンタルチーム、トレンガヌ・サイクリングチーム、セブンイレブン・ロードバイクフィリピン)。

初出場となるウィリエール・トリエスティーナのジャージが飾られた初出場となるウィリエール・トリエスティーナのジャージが飾られた 栗村修さん、廣瀬佳正さんが出場チームや選手について解説栗村修さん、廣瀬佳正さんが出場チームや選手について解説


前発表段階では2チームが保留段階だったが、新たにウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリアとセブンイレブン・ロードバイクフィリピンが加わることが発表された。UCIの規則改正(HCクラスの参加人数が120名以上に)に伴って参加チームが増え、かつ各チーム1名増(5名→6名)となることで選手数は昨年比1.8倍となる。より一層の盛り上がり、あるいはチーム力を活かした例年と異なる展開に期待できそうだ。

クリテリウムスペシャルライダーズのメンバーとしてマヌエーレ・モーリの出場が発表されたクリテリウムスペシャルライダーズのメンバーとしてマヌエーレ・モーリの出場が発表された 別府史之(トレック・セガフレード)からのビデオメッセージ別府史之(トレック・セガフレード)からのビデオメッセージ


迎え撃つ国内チームは地元宇都宮ブリッツェンと那須ブラーゼンを筆頭に、キナンサイクリングチーム、チーム右京、マトリックスパワータグ、チームブリヂストンサイクリング、シマノレーシング、そして日本ナショナルチームという8チーム。なお、昨年表彰台を射止めたブリッツェンはチーム創設10年で初めて、通常とは異なる真紅のスペシャルジャージをジャパンカップのために用意する。

宇都宮ブリッツェンはジャパンカップ限定の特別ジャージで出場する宇都宮ブリッツェンはジャパンカップ限定の特別ジャージで出場する ジャパンカップ2018オリジナルジャージとスタッフウェアジャパンカップ2018オリジナルジャージとスタッフウェア


ディフェンディングチームのNIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニはまだ選手リストを確定させていないが、昨年土日連続優勝を飾ったマルコ・カノラ(イタリア)や、世界選手権代表入りした中根英登ら日本人選手の出場に期待。日本・イタリア混成チームとしてフルメンバーで2年連続勝利を狙ってくることは間違いない。

ディフェンディングチャンピオンのマルコ・カノラ擁するNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが再びジャパンカップにやってくるディフェンディングチャンピオンのマルコ・カノラ擁するNIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが再びジャパンカップにやってくる (c)Sonoko Tanaka2017年大会でクリテリウム、ロードレース同時に制覇したマルコ・カノラ(イタリア)2017年大会でクリテリウム、ロードレース同時に制覇したマルコ・カノラ(イタリア) (c)Kei Tsuji


日曜日に向けてクライマーを揃えてきたのはロットNLユンボだ。5月のジロ・デ・イタリアで総合8位に入り、アシストとしてブエルタ・ア・エスパーニャを完走したジョージ・ベネット(ニュージーランド)を筆頭に、昨年大会で逃げに乗り4位となったアントワン・トルホーク、昨年のクリテリウム・デュ・ドーフィネでステージ優勝を挙げたクーン・ボウマンというオランダの若手クライマー2人が脇を固める。タフコンディションに強い元シクロクロス世界王者のラース・ボーム(オランダ)にも注目だ。

2017年大会から引き続きジャパンカップに参戦するチーム・ロットNL・ユンボ2017年大会から引き続きジャパンカップに参戦するチーム・ロットNL・ユンボ (C)Team LottoNL Jumbo
クリテリウム3勝目に期待が掛かる別府史之(日本)は、ツール・ド・フランスの石畳ステージで勝利したことも記憶に新しいジョン・デゲンコルブ(ドイツ)、登坂力とパンチ力を兼ね備えるファビオ・フェッリーネ(イタリア)らビッグネームを引き連れての凱旋となる。ビデオレターの中で別府は「今年はジョンが土曜日、パンチ力のあるフェリーネが日曜日にチャンスがあるでしょう。非常に楽しみなジャパンカップになる」とコメントをしている。

日本でもお馴染みのビッグチーム、トレック・セガフレードが今年も来日する日本でもお馴染みのビッグチーム、トレック・セガフレードが今年も来日する (C)Trek Segafredo長年世界の最前線で戦う別府史之長年世界の最前線で戦う別府史之 (c)CorVos


現チーム名でのラストレースとなるBMCレーシングはベテランと若手をミックスした布陣だ。総合力のあるニコラス・ロッシュ(アイルランド)やアルベルト・ベッティオール(イタリア)を中心とした展開を採るだろう。輝かしい戦績を誇る38歳のサイモン・ゲランス(オーストラリア)はこのジャパンカップを引退レースに選んでいる。

BMCレーシング・チームは現体制でのラストレースとなる。出場するサイモン・ゲランスはジャパンカップが引退レースだBMCレーシング・チームは現体制でのラストレースとなる。出場するサイモン・ゲランスはジャパンカップが引退レースだ (c)Chris Auld Photography
ミッチェルトン・スコットの元パリ〜ルーベ覇者マシュー・ヘイマン(オーストラリア)も年明け2月のツアー・ダウンアンダー後の引退を発表しており、両雄の走りを目に焼き付けておきたい。

グランツールで大活躍のミッチェルトン・スコットグランツールで大活躍のミッチェルトン・スコット (C)Kramonパリ〜ルーベ覇者マシュー・ヘイマン(オーストラリア/最後尾から2番め)は引退間際のレースとなるパリ〜ルーベ覇者マシュー・ヘイマン(オーストラリア/最後尾から2番め)は引退間際のレースとなる (c)Kei Tsuji


リゴベルト・ウラン、ピエール・ロランが所属するチーム・EFエデュケーション・ファースト・ドラパック powered by キャノンデールリゴベルト・ウラン、ピエール・ロランが所属するチーム・EFエデュケーション・ファースト・ドラパック powered by キャノンデール
今回のダークホースはリュブリャナ・グスト・ザウラムに所属するタデイ・ポガチャル(スロベニア)だ。若手登竜門として知られるツール・ド・ラヴニールで総合優勝を飾り、6月に開催された自国最大のレース「ツアー・オブ・スロベニア」ではラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ)らを上回って総合4位に。来年UAEチームエミレーツ加入を決めている19歳は、ジャパンカップ勝利をワールドツアーステップアップへの手土産にすることができるだろうか?ちなみに昨年のラヴニールではエガン・ベルナル(コロンビア、チームスカイ)が勝利を収めている。

スロベニア籍のコンチネンタルチーム「リュブリャナ・グスト・ザウラム」スロベニア籍のコンチネンタルチーム「リュブリャナ・グスト・ザウラム」 (c)LGX cycling team

また、プロ31勝を飾っているベテランフィリッポ・ポッツァート(イタリア、ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア)や、今年のツール・ド・ランカウイで総合優勝した現ロシアTT王者のアルチョム・オヴェチキン(トレンガヌ・サイクリングチーム)、ツール・ド・とちぎの総合優勝者マイケル・ポッター(オーストラリア、オーストラリアンサイクリングアカデミー・ライドサンシャインコースト)らも目立つ走りをしてくれることだろう。

ジャパンカップ初参戦となるオーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コーストジャパンカップ初参戦となるオーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト (c)Satoru Katoツール・ド・とちぎで活躍したマイケル・ポッター(オーストラリア)ツール・ド・とちぎで活躍したマイケル・ポッター(オーストラリア) (c)Satoru Kato


ジャパンカップではお馴染みとなったチーム ノボ ノルディスクジャパンカップではお馴染みとなったチーム ノボ ノルディスク (C)Team NovoNordisk今季アジア大会で個人ロード3位となったナブティ・リーフォンユー(左から2番め)がいるタイランド・コンチネンタル・サイクリング・チーム今季アジア大会で個人ロード3位となったナブティ・リーフォンユー(左から2番め)がいるタイランド・コンチネンタル・サイクリング・チーム


また、クリテリウムスペシャルチームにはマヌエーレ・モーリ(UAEチームエミレーツ)の参加が決まっている。2007年の本戦で勝利しているが、2016年のクリテリウムで3位に入るなどスプリント力も抜群。競輪のスター選手たちとの共演に期待したい。

宇都宮市のマスコット、ミヤリーと佐藤市長を囲んでのフォトセッション宇都宮市のマスコット、ミヤリーと佐藤市長を囲んでのフォトセッション
宇都宮市のPRブースも登場した宇都宮市のPRブースも登場した 宇都宮市名物のレモン飲料が配布された宇都宮市名物のレモン飲料が配布された


2018ジャパンカップ出場チーム&選手(2018年9月19日現在)

☆=ロードレースのみ出場
★=クリテリウムのみ出場

ワールドチーム

■BMCレーシング■ミッチェルトン・スコット
アルベルト・ベッティオール(イタリア)マシュー・ヘイマン(オーストラリア)
アレクサンダー・エヴァンス(オーストラリア)ロブ・パワー(オーストラリア)
サイモン・ゲランス(オーストラリア)ジャック・ヘイグ(オーストラリア)
フレディ・オヴェット(オーストラリア)スヴェイン・タフト(カナダ)
ニコラス・ロッシュ(アイルランド)ブラヤン・チャベス(コロンビア)
ジョセフ・ロウコフ(アメリカ)ロバート・スタナード(オーストラリア)
■EFエデュケーションファースト・ドラパック■ロットNLユンボ
ネイサン・ブラウン(アメリカ)ジョージ・ベネット(ニュージーランド)
ジョセフ・ロイド・ドンブロウスキー(アメリカ)ラス・ボーム(オランダ)
ローガン・オーウェン(アメリカ)クーン・ボウマン(オランダ)
ダニエル・モレノ(スペイン)ダーン・オリヴィエ(オランダ)
サイラス・モンク(オーストラリア)フロリス・デティール(ベルギー)
ホセ・フェルナンデス・ネヴェス(ポーランド)アントワン・トールク(オランダ)
■トレック・セガフレード
エウジェニオ・アラファーチ(イタリア)
別府史之(日本)
クーン・デコルト(オランダ)
ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
ローラン・ディディエ(ルクセンブルク)
ファビオ・フェッリーネ(イタリア)

プロフェッショナルコンチネンタルチーム

■NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ■ノボ ノルディスク
未定ファビオ・カラブリア(オーストラリア)
ヨーナス・ヘンッタラ(フィンランド)
ダヴィ・ロサノ・リバ(スペイン)
シャルル・プラネ(フランス)
ウンベルト・ポリ(イタリア)
クリストファー・ウィリアムズ(オーストラリア)
■ウィリエールトリエスティーナ・セッレイタリア
フィリッポ・ポッツァート(イタリア)
ジュゼッペ・フォンツィ(イタリア)
ルーカ・ラッジョ(イタリア)
エドアルド・ザルディーニ(イタリア)
エウゲルト・ズパ(イタリア)
セバスチャン・ショーンベルゲル(オーストリア)

海外コンチネンタルチーム

■セブンイレブン・ロードバイクフィリピン■オーストラリアンサイクリングアカデミー・ライドサンシャインコースト
未定マイケル・ポッター(オーストラリア)
トビー・オーチャード(オーストラリア)
アシュリー・マカイ(オーストラリア)
ジョナソン・ノーブル(オーストラリア)
サム・ウェルスフォード(オーストラリア)
キャメロン・スコット(オーストラリア)
■リュブリャナ・グスト・ザウラム■トレンガヌ・サイクリングチーム
タデイ・ポガチャル(スロベニア)モハメド・シャルゥ・マット・アミン(マレーシア)
ジガ・イエルマン(スロベニア)ヌル・アミル・ファルディン・マズキ(マレーシア)
ベンジャミン・ヒル(オーストラリア)マラル=エルデネ・バトムンフ(モンゴル)
ジガ・ルチガイ(スロベニア)ゴー・チュン・ファン(シンガポール)
ヴィクトル・ポトチキ(クロアチア)アルチョム・オヴェチキン(ロシア)
ティモシー・ガイ(オーストラリア)メッケル・エヨブ(エリトリア)
■タイランド・コンチネンタルサイクリングチーム
アリヤ・フンサヴァト(ラオス)
ピーラボル・チャウチャンクワン(タイ)
ナブティ・リーフォンユー(タイ)
プーチョン・サイウドンシン(タイ)
サラウト・シリロンナチャイ(タイ)
スラキット・ブーンラタナタコーン(タイ)

国内コンチネンタルチーム

■キナンサイクリングチーム■チーム右京
山本元喜(日本)オスカル・プジョル(スペイン)
トマ・ルバ(フランス)ベンジャミ・プラデス(スペイン)
☆マルコス・ガルシア(スペイン)ロビー・ハッカー(オーストラリア)
サルヴァドール・グアルディオラ(スペイン)☆小石祐馬(日本)
新城雄大(日本)畑中勇介(日本)
山本大喜(日本)武山晃輔(日本)
★中島康晴(日本)★レイモンド・クレダー(オランダ)
■宇都宮ブリッツェン■マトリックスパワータグ
増田成幸(日本)ホセ・ヴィセンテ(スペイン)
鈴木譲(日本)アイラン・フェルナンデス(スペイン)
鈴木龍(日本)佐野淳哉(日本)
☆雨澤毅明(日本)土井雪広(日本)
小野寺玲(日本)安原大貴(日本)
岡篤志(日本)☆田窪賢次(日本)
★阿部嵩之(日本)★向川尚樹(日本)
■チームブリヂストンサイクリング■シマノレーシング
未定入部正太郎(日本)
木村圭佑(日本)
湊涼(日本)
黒枝咲哉(日本)
横山航太(日本)
中田拓也(日本)
■那須ブラーゼン
下島将輝(日本)
西尾勇人(日本)
岸崇仁(日本)
吉田悠人(日本)
☆柴田雅之(日本)
樋口峻明(日本)
★永吉篤弥(日本)

ナショナルチーム

■ジャパン・ナショナル・チーム
未定

クリテリウム・スペシャル・ライダーズ

マヌエーレ・モーリ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
他未定