土曜の朝一番には憧れのプロ選手たちと一緒にコースを走れるイベント「オープニングフリーラン」が開催されました。サインを貰って一緒に写真を撮って、そして古賀志の激坂では背中を押してもらう。そんな贅沢ができる特別なひと時となりました。



最前列に陣取ってスタートを待つサイモン・ゲランス(BMCレーシング)最前列に陣取ってスタートを待つサイモン・ゲランス(BMCレーシング) photo:Makoto.AYANO
プロチームコスプレをしてテンションアゲアゲのグループプロチームコスプレをしてテンションアゲアゲのグループ photo:Yoshiyuki.Ugajin憧れの別府史之選手(トレック・セガフレード)と。未来のヨーロッパプロなるか憧れの別府史之選手(トレック・セガフレード)と。未来のヨーロッパプロなるか photo:Yoshiyuki.Ugajin


同じジャージを着た本物選手のサインをゲット。嬉しい瞬間だ同じジャージを着た本物選手のサインをゲット。嬉しい瞬間だ photo:Yoshiyuki.Ugajinまさかの選手からモーニングサービス!笑まさかの選手からモーニングサービス!笑 photo:Yoshiyuki.Ugajin


別府史之&トレック・セガフレードの選手たちと別府史之&トレック・セガフレードの選手たちと photo:Makoto.AYANO
チームプレゼンテーションから一夜明け、ワクワク感のテンションそのままで迎えたジャパンカップ二日目、最初のイベントは毎年恒例のオープニング・フリーランだ。出走は朝9時からだというのに、ここ宇都宮森林公園のスタート/フィニッシュ地点には朝早くから参加者たちが集まってくる。

このフリーランは、レースに参加するプロライダー達と一緒にあの古賀志林道の登りを含む約10キロのジャパンカップのコースを一周するというファンライドだ。

イケメンに紛れるイケメン。フィリッポ・ポッツァートとイケメンに紛れるイケメン。フィリッポ・ポッツァートと photo:Yoshiyuki.Ugajinノボ ノルディスクの活躍でより1型糖尿病の認知が広がっているノボ ノルディスクの活躍でより1型糖尿病の認知が広がっている photo:Yoshiyuki.Ugajin


忍者の刀でハラキリしてみせるオスカル・プジョル(チーム右京)忍者の刀でハラキリしてみせるオスカル・プジョル(チーム右京) photo:Satoru Kato
マシュー・ヘイマンに折り紙で作った可愛い手裏剣のプレゼントマシュー・ヘイマンに折り紙で作った可愛い手裏剣のプレゼント photo:Yoshiyuki.Ugajin女性ファンにサインをねだられ、ジョン・デゲンコルプのまんざらではなさそうだ女性ファンにサインをねだられ、ジョン・デゲンコルプのまんざらではなさそうだ photo:Makoto.AYANO


こんなイベントはちょっと他にはないだろう。あの憧れのプロライダーがすぐ隣に居て、一緒に走ってくれ、少し勇気を出して「ハウアーユー?」と話しかければ「グーッド!アンドユー?」と笑顔と共に答えてくれる。きつい古賀志では女子や子供ライダーの背中を押してくれ、安全で平坦な直線ではプロラーダー筆頭のトレインに乗車だ。タイミングが合えばゴールスプリントだって競り合ってくれる。お気に入りのチームキットを纏ってヨーロッパプロの一員になることだってできる。

走るばかりではない。スタート地点に集まった選手はフレンドリーにサインや写真に応じてくれ、またとない交流の場となっている。そのためフリーランには参加しないけれど、雰囲気を楽しむお客さんも多数だ。

213人がエントリーしたフリーラン213人がエントリーしたフリーラン photo:Satoru Kato
笑顔で楽しむトレック・セガフレードの選手笑顔で楽しむトレック・セガフレードの選手 photo:Yoshiyuki.Ugajinサイモン・ゲランスもこの表情だサイモン・ゲランスもこの表情だ photo:Yoshiyuki.Ugajin

リュブリャナ・グスト・ザウラムもすっかり日本ではお馴染みになってきたリュブリャナ・グスト・ザウラムもすっかり日本ではお馴染みになってきた photo:Yoshiyuki.Ugajin笑顔が溢れる日本ナショナルチーム笑顔が溢れる日本ナショナルチーム photo:Yoshiyuki.Ugajin


マヌエーレ・モーリ(UAEエミレーツ)が登りでアシストマヌエーレ・モーリ(UAEエミレーツ)が登りでアシスト photo:Satoru Kato
10月の週末は常に天気が不安定で雨のフリーランということがここ数年は多かったけれど、今回は秋晴れの快晴の朝。清々しい空気を吸い込むと、いよいよジャパンカップが始まるのだと実感する。

時計が8時半を回った頃、徐々にプロライダー達が登場し始めた。昨晩のチームプレゼンテーションのように改まったアナウンスもなく、突然すっと現れるので、気がついたら世界のスター選手がそばにいて驚く参加者が多い。

イヴァン・サンタロミータ(NIPPOヴィーニファンティーニ)とセルフィーする窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )イヴァン・サンタロミータ(NIPPOヴィーニファンティーニ)とセルフィーする窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング ) photo:Satoru Katoベンジャミ・プラデス・レヴェルテル(チーム右京)とアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ )ベンジャミ・プラデス・レヴェルテル(チーム右京)とアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ ) photo:Satoru Kato


ロバート・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)と一緒に走る!ロバート・ヘーシンク(オランダ、ロットNLユンボ)と一緒に走る! photo:Makoto.AYANO
オスカル・プジョル(チーム右京)とアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ )が記念撮影オスカル・プジョル(チーム右京)とアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ )が記念撮影 photo:Satoru Kato
楽しんで走るジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード)楽しんで走るジョン・デゲンコルプ(トレック・セガフレード) photo:Makoto.AYANOミッチェルトン・スコットの選手を引き連れるオーストラリアチャンピオンジャージミッチェルトン・スコットの選手を引き連れるオーストラリアチャンピオンジャージ photo:Yoshiyuki.Ugajin


ベテラン参加者は待ってましたとばかり、お目当ての選手を見つけると用意したマジックペンを差し出しジャージやバイクにサインをもらってからのセルフィーという流れで、非常にスムーズにコレクションを増やしていく。

突然始まった路上サイン会を遠慮がちに遠巻きに見ていた参加者たちも、習って記念写真をお願いしていたようだ。選手たちも一人一人に気さくに丁寧に対応してくれていて、会場はとてもピースフルな空気に包まれた。

BMCレーシングはフリーラン終了後すぐにサイン会を行ったBMCレーシングはフリーラン終了後すぐにサイン会を行った photo:Yoshiyuki.UgajinUAEエミレーツジャージを着たファンにしきりに「ブラーボ」と話すマヌエーレ・モーリUAEエミレーツジャージを着たファンにしきりに「ブラーボ」と話すマヌエーレ・モーリ photo:Yoshiyuki.Ugajin


ビアンキに乗ったファンが大集合したロットNLユンボと一緒に走ろう企画ビアンキに乗ったファンが大集合したロットNLユンボと一緒に走ろう企画 photo:Makoto.AYANO
ロットNLユンボのエース、クーン・ボウマンと握手ロットNLユンボのエース、クーン・ボウマンと握手 photo:Makoto.AYANOマッティ・ブレシェル(EFエデュケーションファースト・ドラパック)にサインをいただきますマッティ・ブレシェル(EFエデュケーションファースト・ドラパック)にサインをいただきます photo:Makoto.AYANO


共に走り、サインをいただいた選手、握手してくれた選手、セルフィーに入ってくれた選手が、この後、クリテリウム、サイクルロードレースを闘うのだ。選手への親近感がグッと沸き、当然応援にも熱が入ることだろう。

ジャパンカップウイークエンドを100%楽しむならこのフリーランはマストだ。今まで知らなかったという方。来年はぜひご参加を!

KABUTOのヘルメットをかぶるトレンガヌサイクリングチームKABUTOのヘルメットをかぶるトレンガヌサイクリングチーム photo:Makoto.AYANOサイモン・ゲランスにサインをいただきました!サイモン・ゲランスにサインをいただきました! photo:Makoto.AYANO


マヌエーレ・モーリも「いつも走るSKYの少年は速いよ!」と感心していたマヌエーレ・モーリも「いつも走るSKYの少年は速いよ!」と感心していた photo:Makoto.AYANOラルス・ボームと一緒にツーショットラルス・ボームと一緒にツーショット photo:Makoto.AYANO


text&photo : Yoshiyuki.UGAJIN
photo : Makoto.AYANO、Satoru.KATO