10月20日(日)、晴れ間が覗く宇都宮市森林公園で争われたジャパンカップサイクルロードレースは、13周目にマイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)とともに抜け出したバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)が両名によるマッチスプリントを制し優勝。ジャパンカップ2勝目を挙げた。

詳しくはレースレポートでお伝えします。

マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)をマッチスプリントで下したバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)をマッチスプリントで下したバウケ・モレマ(トレック・セガフレード) photo: Yuichiro Hosoda
ポディウムに立つバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)、マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)、ディオン・スミス(ミッチェルトン・スコット)ポディウムに立つバウケ・モレマ(トレック・セガフレード)、マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)、ディオン・スミス(ミッチェルトン・スコット) photo: Yuichiro Hosoda

1位 バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード) 3時間41分13秒
2位 マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト) +1秒
3位 ディオン・スミス(ミッチェルトン・スコット) +44秒
4位 フランシスコ・マンセボ・ペレス(マトリックスパワータグ)
5位 セップ・クース(ユンボ・ヴィスマ)
6位 中根 英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +52秒