29回目にして初めて中止になったジャパンカップ。新たな生活様式に合わせたオンラインでのレースとなりましたが、国内コンチネンタルチームの9チームが揃いました。

地元・宇都宮ブリッツェンからは阿部嵩之がエントリー。今季は8月の西日本ロードクラシック広島大会Day-2で優勝、今月4日のおおいたサイクルロードレースで2位と好調を維持しています。シクロクロスの元全日本王者の小坂光も参戦します。マトリックスパワータグからは、Jプロツアーで大活躍のスペイン人コンビのフランシスコ・マンセボとホセ・ビセンテ・トリビオの他、吉田隼人の3名が登録。那須ブラーゼンからはチームの中心選手でもある西尾勇人をはじめ谷順成、渡邉翔太郎が出場となりました。

阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン) 吉田隼人(マトリックスパワータグ)吉田隼人(マトリックスパワータグ) 西尾勇人(那須ブラーゼン)西尾勇人(那須ブラーゼン)

愛三工業レーシングチームからは、クライマーの伊藤雅和、スプリンターの大前翔が登録。そして、かつてジャパンカップでも活躍した西谷監督が今回限定で選手としてエントリー。キナンサイクリングチームからは那須ブラーゼンに所属していたこともある新城雄大が唯一の参戦となりました。シマノレーシングチームからはJプロツアーで活躍している木村圭佑、湊諒の2選手が出場。チーム右京からは2018年全日本ロード覇者の畑中勇介、小石祐馬、サム・クロームが登場します。

伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム)伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム) 新城雄大(キナンサイクリングチーム)新城雄大(キナンサイクリングチーム) 木村圭佑(シマノレーシングチーム)木村圭佑(シマノレーシングチーム)

畑中勇介(チーム右京)畑中勇介(チーム右京) 冨尾大地(ヴィクトワール広島)冨尾大地(ヴィクトワール広島) 藤田涼平(さいたまディレーブ)藤田涼平(さいたまディレーブ)

ヴィクトワール広島からは地域クラブ対抗戦のオンラインレースでチャンピオンになった冨尾大地と桂慶告がエントリー。2020年に産声をあげたばかりの新星さいたまディレーブからは高木三千成、藤田涼平、小野康太郎の3選手が名を連ねました。

ジャパンカップ初のオンラインレースは誰がチャンピオンとなるのか。国内選手の活躍に期待です!

国内コンチネンタルチーム出場選手 ※10/9現在

AISAN RACING TEAM

伊藤雅和
大前翔
西谷泰治

KINAN CYCLING TEAM

新城雄大

MATRIX POWERTAG

フランシスコ・マンセボ
ホセ・ビセンテ・トリビオ
吉田隼人

NASU BLASEN

西尾勇人
谷順成
渡邊翔太郎

SAITAMA DREVE

高木三千成
藤田涼平
小野康太郎

SHIMANO RACING TEAM

木村圭佑
湊諒

TEAM UKYO

小石祐馬
畑中勇介
サム・クローム

UTSUNOMIYA BLITZEN

阿部嵩之
小坂光

VICTOIRE HIROSHIMA

冨尾大地
桂慶浩