デジタルジャパンカップに出場する国内チームの選手に変更・追加がありました。

地元・宇都宮ブリッツェンは、今季好調だった阿部嵩之選手が10月11日に行われたJPT第14戦で落車の際に負ったケガにより欠場。変わって、宇都宮市出身の堀孝明選手が参戦することになりました。また、チームメンバーとして宇都宮ブリッツェン・那須ブラーゼンで活躍した普久原奨さんもサプライズ出場します!シクロクロスでも活躍している小坂光選手とともに3名で優勝を目指します。

レース出場はケガにより惜しくも見送りとなった中村魁斗選手もオリオンスクエアのパブリックビューイングに駆けつけてくれることとなり、栃木県民限定の会場は一層盛り上がりを見せそうです。

その他、マトリックスパワータグは、吉田隼人選手に代わり安原大貴選手が出場。那須ブラーゼンからは、新たに竹村拓選手が加わり4名での出場となります。

堀孝明 / Takaaki HORI (日本/ JPN)堀孝明 / Takaaki HORI (日本/ JPN) 安原大貴 / Daiki YASUHARA (日本/ JPN)安原大貴 / Daiki YASUHARA (日本/ JPN) 竹村拓 / Taku TAKEMURA (日本/ JPN)竹村拓 / Taku TAKEMURA (日本/ JPN)