Tadej POGAČAR タデイ・ポガチャル(SLO・スロベニア)

1998年9月21日生まれ・176cm、66kg
UAE TEAM EMIRATES

U23の登竜門ツール・ド・ラヴニールとピースレースで優勝し脚光を浴びる。その年の2018年ジャパンカップサイクルロードレースにリュブリャナ・グスト・ザウラムの一員として出場し、クリテリウムではスプリント賞を獲得。

その後、現在のUAEチーム・エミレーツに移籍し、プロ1年目で出場したグランツールのブエルタでは3区間を制し総合3位となり、2020年ツール・ド・フランスでは個人総合優勝。今最も注目の若手選手の一人。

Bauke MOLLEMA バウケ・モレマ(NED・オランダ)

1986年11月26日生まれ・184cm、68kg
TREK – SEGAFREDO

2007年ツール・ド・ラヴニールにて優勝。2015年トレック(当時はトレック・ファクトリー・レーシング)に移籍後は、同年のツール・ド・フランス総合7位、ツアー・オブ・アルバータ総合優勝・区間優勝(第1ステージ、個人TT)。その勢いのまま2015ジャパンカップに初出場・初優勝。

その後も、2017年ブエルタ・ア・エスパーニャ総合敢闘賞、2018年グラン・プレミオ・ブルーノ・ベゲッリ優勝と勝利を積み重ね、2019年32歳にしてイル・ロンバルディアにて自身初のモニュメント優勝を達成。同年のジャパンカップで2度目の優勝を果たす。